ホーム > 在宅医療

在宅医療について

在宅医療についてイメージ

薬剤師がご自宅や各種高齢者施設へお伺いします。

薬剤師がご自宅や各種高齢者施設へお伺いします。ご自宅や高齢者施設などで医師の訪問診療を受けておられる方に、医師、訪問看護師ケアマネージャー、施設スタッフの皆さんと連携の上、薬剤師がお伺いして服薬指導、残薬管理などを行います。訪問エリアは薬局から16km圏内ですが、随時ご相談ください。

詳細はこちら

在宅訪問の流れ

  • 患者様またはご家族より、かかりつけ医師に薬剤師の在宅訪問の同意をもらいます。
  • 患者様とひだまり薬局で在宅訪問に関する契約を締結いたします。
  • 薬剤師が併用薬・副作用の有無を確認の上、医師からの処方箋に基づいて調剤して患者様のご自宅、施設へお薬をお届けします。この際、お薬を間違いなく服用できるように担当薬剤師が、患者様が服用されている全ての薬を一括管理し「お薬カレンダー」や「お薬ボックス」の利用のご提案、患者様に負担の少ない服用のご提案(錠剤の粉砕、一包化や嚥下困難の患者様に服薬ゼリーのご案内など)、余ってしまったお薬の病院との調節などを行います。
  • 訪問後、医師に報告書を提出し、施設スタッフ・ケアマネージャー・訪問看護師と情報共有をはかり連携してケアを行います。

ひだまり薬局は、皆さまのご希望にお応えします!

在宅医療のチームの一員として皆さまのご希望にお応えします。医師・看護師・ケアマネージャーをはじめとする施設の職員の皆さまとの連携を行い、ご負担を軽減いたします。

  • ご家族

    ・離れて暮らす家族の様子が気になる
    ・お薬の事はもちろんの事、色々な不安についてサポートして欲しい

  • 医師

    ・お薬を残さず服薬できているのか心配だ
    ・お薬の効果はちゃんと出ているだろうか?
    ・お薬の増量・減量・中止などは必要ないだろうか?

  • 訪問看護師

    ・訪問看護の服薬管理指導をして欲しい
    ・看護に必要なので薬について相談したい

  • 施設職員の方

    ・お薬をちゃんと飲ませるのが大変でサポートして欲しい
    ・お薬のセットを効率的に行いたいのでお願いしたい
    ・お薬を患者様が飲みやすいようにして欲しい

  • ケアマネージャー

    ・情報をしっかりと共有したい、情報交換も密に行いたい
    ・お薬の記録の際、相談したい事がある

在宅医療のチームの一員として皆様のご希望にお応えします。医師・看護師・ケアマネージャーをはじめとする施設の職員の皆様との連携を行い、ご負担を軽減いたします。

ひだまり薬局のビジョン

未曾有の超高齢化時代を迎え、調剤薬局に求められる事も劇的に変化しております。その中で、ひだまり薬局グループも患者様、ご家族、高齢者施設様に頼っていただける薬局づくりを日々心掛けております。2010年にひだまり薬局を開局以来、数多くの在宅患者様及び高齢者施設様と薬局業務を通してお付き合いさせていただく中で、より在宅医療に特化した薬局の必要性を感じ、2018年4月、在宅部門を強化した店舗を奈良市にひだまり薬局田原店として開局いたしました。在宅でのがん治療などにも対応できるようクリーンベンチを設置した無菌調剤室をはじめ、幅広いニーズにお応えできるよう最新の調剤機器を駆使し、薬剤師が患者様や医師施設職員様と密にコミュニケーションを図り最良の薬剤管理、患者様のQOLを尊重した薬剤指導を行える環境を整えていきたいと考えております。

在宅のメリット

患者さんにとって在宅医療のいちばんのメリットは、住み慣れた環境で療養ができるという点です。自宅などの住み慣れた環境で療養を行うことで、自分らしい普段の生活をすることが可能です。病院で生活するよりも精神的に安定しています。また、費用面においても、一般的に入院治療を継続するよりも在宅医療の方が安くなります。

高齢者施設様へ

訪問医師の処方箋に基づき薬剤足が薬局内で調剤・一包化したお薬を入居者様毎にセット、残薬調整をおこないます。なお、一包化されたお薬を薬局内にて、「お薬の配薬に費やす時間が劇的に短縮できます。その他お薬カレンダーを利用したケースなど、ドクター・ケアマネージャー・施設スタッフと連携して、入居者様に最善の服用方法をご提案させていただきます。

無菌調剤室の完備

ひだまり薬局では、地域の皆様に安心して在宅医療を受けていただく為に、クリーンベンチを備えた無菌調剤室を田原店に完備しております。それにより、高カロリー輸液、医療用麻薬などの注射剤調製を行うことが可能になりました。ご自宅での緩和ケアを希望される方はご相談ください。